日焼け止めのSPFとPAの違いとは?高い低いはどっちが大事か解説します。

シミ&美白




こんにちは〜、紫外線対策やってます?わったなです。

日焼け止めのSPFとPAの違いって実はよく分からない…って人意外と多いと思うんですけど、知ってました?

私は知りませんでした。(無知です)

 

とりあえず、SPFは20より50の方が日焼け対策バッチリ!って感じだな〜とか、

PAの+が+++みたいな方が絶対日焼け防止には良さそう!って勝手に解釈してました笑。

 

で、そのSPFの数字の表す意味とか、PAの+と+++の違いを今回じっくり調べてみて、日焼け止めは使い分けた方がいいようなので「よく分からない」って人はぜひ参考にしてください。

 

 

まずは紫外線についての簡単な解説

紫外線にはA派、B派、C派の3種類あります

紫外線A派(UV-A)と紫外線B派(UV-B)の違い

「UV-A」(紫外線A波)の特徴
  • 地上に降り注ぐ紫外線の約95%が「UV-A」

  • 雲や窓ガラス、カーテンも透過するため、曇りでも室内でも注意が必要

  • 波長の長い「UV-A」は肌の奥、真皮にまで到達し、ハリ・弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを壊す。
  • シワ・たるみの原因となる
  • 1年を通して照射量が多く、真冬でもそこそのの量が降り注いでい
  • 赤みや炎症を起こしにくく、ケアを怠りやすい

 

わったな
紫外線のほとんどは紫外線A派なんですね。A派は肌の奥にまで届いて、肌の老化の原因となります。冬場でも、室内にいても影響を受ける紫外線みたいです、要注意ですね! 

 

「UV-B」(紫外線B波)の特徴
  • 波長が短い「UV-B」は、成層圏オゾンにより大部分が吸収され、残りが地表に到達する。
  • 肌表面に炎症を起こし、過剰なメラニン色素を作る。
  • 生物に大きな影響を与える。
  • 日焼けや、シミ・ソバカスの原因になる。 

わったな
紫外線B派は地表にはほとんど到達しないけど、生物に大きな影響を与えるような紫外線です。オゾン層が破壊されることでこの紫外線B派が増加し、生物に悪影響を与えることが懸念されているそうです。 

 

皮膚病の原因となる紫外線C派(UV-C)とは

  • 強い殺菌作用があり、生体に対する破壊性が最も強い有害な紫外線
  • 波長が短く、基本的に地表には到達しない
  • 日焼け止めは紫外線A派と紫外線B派をカットするもの

 

紫外線が3種類あって、それぞれ人体に及ぼす影響も違うって初めて知りました。なるほど!  

 

日焼け止めのSPFとPAの違いとは?

まず日焼け止めのSPFって何?

SPFはSun Protection Factorの頭文字であり、紫外線のうち、UV-B波を遮断する効果の程度を表す指標。

日本ではSPF50を超える場合はSPF50+と表記することになっている。

SPFの数字は「時間」ではなく防御力(強さ)を表すもの

紅斑が現れるまでに20分程度かかる人がSPF10の日やけ止めを塗った場合、10倍の紫外線量を20分浴びて、ようやく紅斑が認められるということを意味する。重要なのは10倍の時間(この場合200分)紫外線にまで耐えられるという意味ではない。

引用「wikipwdiaサンスクリーン剤」より

 

日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線対策ができるわけではなく、日焼けするのをかなり防止できてるよ!ってことなんですね。そしてSPFの数字が大きい方が防御力は強いってことです。  

  • 通勤やおつかいなど1時間以内の外出にはSPF35程度でOK。
  • 1時間以上屋外で過ごす場合、レジャーやスポーツにはSPF50以上がベター。

日焼け止めは塗り直した方がいい

日焼け止めは時間とともに効果が薄れてくるので、こまめに塗り直した方がよいそうです。  

 

日焼け止めのPAって何?

Protection grade of UVAの略語であり、日本で採用されているUV-Aの防御力を示す指標。

 

紫外線A派の防御力の強さによって4段階に分かれています。▼

紫外線カット効果がもっとも高いのは「PA++++」!

引用「必ず知っておこう、特に紫外線A派の影響が深刻」より

 

まとめ:日焼け止めのSPFとPAの違いとは?

まとめ
  • 紫外線にはA派、B派、C派の3種類あって、このうち日焼け止めで対策できるのは、紫外線A派と紫外線B派。
  • 日焼け止めのSPFは紫外線B派を防止するもの。
  • SPFの数字は「時間」ではなく防御力(強さ)を表すもの
  • 日焼け止めのPAは紫外線A派を防止するもの。
  • PAの+は4段階あり、++++が最も紫外線A派のカット効果が高い。 

 

まとめ:日焼け止めの数値、高い低いはどっちが大事か?

まとめ
  • SPFの数字が高いか、低いかは紫外線B派の防御力を表す数字。←状況によって使い分けるのが好ましい。
  • PAの+も状況によって使い分けるのがベター。屋外で過ごす場合は+が多いものを選ぶのが良い。 

なるほど!紫外線のことがよく分かりました。SPFとPAでは防御する紫外線の種類が違うんですね。あと紫外線の防御力を示す数値は状況によって使い分けるのが好ましいみたいです。海水浴に行く時なんかはSPF50、PA++++っていう表示のものが良いですね。ぜひ参考にしてみてください!