流産後は特に、妊娠中の不安な気持ちを和らげるためにできる4つの事。

妊娠,出産




こんにちは、わったなです。

妊娠中ってほんとに不安な気持ちになりますよね。

私は二人子供がいるのですが、二人目で一度化学流産を経験しました。

流産は全妊娠の15%(およそ7人に1人)という高確率で起こるものです。

だから、流産は仕方のないことだと納得することはできました。

でも一度流産を経験すると、その後妊娠してもまた流産したら…

と考えたりして、不安な気持ちになってしまうことはよくあると思います。

流産を経験していなかった1人目の時の妊娠中だって、

無事に産まれてきてくれるまでは本当に不安でした。

でも、不安な気持ちでいるってストレスがたまって赤ちゃんにもお母さんにも良くないと思います。

なので今回はそんな不安な気持ちを和らげるためのおすすめの方法を4つご紹介します。




妊娠中の不安な気持ちを和らげる方法

その① 不安な気持ちを吐き出そう

まずは不安な気持ちを吐き出しましょう!

身近な人なら旦那さんですかね。

でも、男の人はその不安な気持ちに共感してあげることができないと思うので、

できれば出産を経験して同じような気持ちになったことがある人に相談する方がいいと思います。

友達でもいいし、病院の看護師さん、地域の保健師さん、近所のおばちゃんでもいい。

 

「不安です」

って気持ちを吐き出すだけでもずいぶんスッキリします。

自分の悩みを人に聞いてもらうってめちゃくちゃ大事なんですよ。

不安が解消しようがしまいが、

まずは不安を自分の中から言葉にして外に出すだけで全然違うんです。

私は昔から聞き役であまり自分の悩みとか人に相談することってないんですけど、

聞いてもらうと心の中のモヤモヤがすっきりして、いつも話して良かったっていう気持ちになります。

人に聞いてもらってまずはすっきりしましょう。

 

妊娠中の不安な気持ちを和らげる方法

その②  赤ちゃんの生命力を信じよう

残念ながら妊娠中に胎児が亡くなってしまう流産の可能性も少なからずあります。

流産を経験した人はなおさら不安な気持ちにかられることがあるでしょう。

ただ、妊娠12週以降の流産率はぐっと下がります。

  • 妊娠12週未満の流産が「早期流産」
  • 妊娠12週以降22週未満の流産が「後期流産」
  • 妊娠22週以降37週未満での出産が「早産」

 

妊娠12週未満の流産が多く、流産する人の約80%は「早期流産」

妊娠12週を過ぎてももちろん流産の可能性はゼロにはなりませんが、かなり低くなります。

妊娠12週を過ぎたら、過度に心配せず、ひとまず安心して欲しいです。

 

私も流産を経験した時にたくさん調べて、流産する確率って結構高いんだなぁと感じたんですが、

逆に、100人いたとして85人は流産しないんですね。

(もちろん年齢などでも確率は変わりますが、全妊娠の流産率はおよそ15%程だと言われています。)

無事に出産に至る場合がほとんどです。

赤ちゃんの生命力ってすごく強いです。

過度に不安にならず、赤ちゃんを信じてあげましょう!

 

 

妊娠中たまには不安になってもいい!

それでもやっぱり不安になる…。

それなら、たまには不安になってもいい!

ってことにしときましょう。

だって10ヶ月も妊娠期間ってあるんですからね。

そんなに長い期間ストレス貯めないために絶対不安な気持ちになったらだめ!

って決めてると、余計ストレス貯まりそうじゃないですか。

 

赤ちゃんの胎動が感じられるまでは、

「赤ちゃん生きてるのかな、大丈夫かな?」

ってよく不安になりました。

そして、胎動が感じられるようになったらなったで

今度は胎動がちょっと弱い日があったりすると、

「あれ、大丈夫かな?」

と不安な気持ちになったり…。

だから結局妊娠中はずっと不安な気持ちと戦わないといけないんですね。

たまには不安になっても良しとしましょう。

そして、誰かに不安な気持ちをまた吐き出してください。

 




妊娠中の不安な気持ちを和らげる方法

その③ 妊娠中はなるべく忙しく過ごそう!

人間は暇があると、悪いことばかり考えて、不安な方に傾いていくことを知っていますか?

人間ってそんなに強くないんですよね。

忙しくしてる時って不安な気持ちも忘れてますよね。

切迫早産とかで自宅で絶対安静なんて状況に置かれている妊婦さんもいるかも知れませんが、

なるべく自分の好きなことや、熱中できることをしてみるのはどうでしょう?

 

妊娠・出産情報を読みあさるのはほどほどに

私も必要以上にネットで妊娠中の情報を読みあさったりしてましたが、結局不安な気持ちは解消されないし、精神的に消耗するだけ。

そして一度検索し始めると、まぁ終わらない終わらない…。

気づけば何時間も膨大な情報の海でネットサーフィンして溺れかけてたなんてこと何度もありました。

 

ブラウザを閉じて、自分の好きな漫画やテレビを見たり、買い物に出かけたり、

友達を誘ってご飯に行ってみたり、マタニティヨガなんかで一汗かくのもおすすめです。

強制的にいろんな情報から自分を遠ざけて、妊娠・出産とは関係のないことに触れましょう。

 

妊娠中の不安な気持ちを和らげる方法

その④ ネガティブ思考を改善!

私はずっと重度のネガティブ思考だったんです。

あぁなったらどうしようとか、こうなったらどうしようとか、

心配性で悪いことばかり考えてました。

それってもし悲しい状況になってしまった時に少しでもショックを減らせるようにと思って、

半ば無意識にしてたことなんですけど、

実際は全然ショックは減ってないことに気が付いたんです。

悪い想像して実際悪い結果になったときと、

良い想像してたけどその通りにならなくて悪い結果になったときって、

心のダメージは変わらない。

だったら悪い想像するのってすごくムダだなって思いました。

だからもしネガティブ思考で悩んでいる人がいたらこの本を読んでみてください。

【ナポレオン・ヒルの思考は現実化する】

私が自身のネガティブ思考を改善できたのは、この本に出会ったのがきっかけです。

題名の通り、

「自分が考えたことは現実化するよ」って内容の本なんです。

例えば、「あ〜幸せだなぁ」って言うと自分の脳は幸せの要素を探し始めて幸せになるし、

「あ〜不安だなぁ」って言えば、自分の脳は不安な要素を探し始めて不安になる。

簡単に説明するとこんな感じです。

結局みんな自分で自分を洗脳してるに過ぎないんですね。

 

というわけで、私はネガティブ思考改善したら、生き辛さから解放されました。

もし悩んでいる人がいたら参考にしてみてください。

 

まとめ

妊娠中不安な気持ちにならない人なんていないと思います。

誰だって元気な赤ちゃんに会いたいですよね。

お腹の中が覗いて見れたらどんなにいいだろうって私も思いました。

こんな赤ちゃんの心音が聞けるグッズを買おうかななんて調べたこともありました。▼(結局私は買いませんでしたが、良かったっていうレビューもわりとありました)

でも出産後だって、不安な気持ちはずっと続くわけで、
今考え方を変えるのが私にとってはベストなのかなと思いました。
少しでもあなたの力になれたなら幸いです!