【無痛分娩体験談】費用の比較とリスク、メリット&デメリット。

無痛分娩




こんにちは、わったなです。今日は無痛分娩体験談について書きたいと思います。

無痛分娩って追加費用がかかるから自然分娩より絶対費用高いよね!

って思いますよね。

私もそう思ってました。

しかしですね、私は自然分娩のときの費用と比較すると、無痛分娩の時の方が約一万円安かった!!

そして、無痛分娩に興味はあるものの、報道で無痛分娩に関する死亡事故のニュースをみたりするとリスクもあるのかな?

と不安になることもあるでしょう。

もちろん、無痛分娩では麻酔を使用するので、一定のリスクは伴うと思います。デメリットもあります。

だから、しっかりと納得のいくまで自分で調べるというのがまず大前提。

リスクも承知の上で、無痛分娩のメリットが最大限に生かせたら、もっと選択肢が広がって、より良い出産環境が整うと思います。

 




【無痛分娩体験談】自然分娩との費用の比較

自然分娩費用は48万円、無痛分娩費用は47万円だった

  • 自然分娩(別府市内、個人病院)

(基本料金42万円 個室追加費用5万円・時間外等の追加費用1万円)総額約48万円

 

  • 無痛分娩(大分市内、個人病院)

(基本料金42万円 無痛分娩麻酔費用5万円 個室利用・時間外等の追加費用なし)総額約47万円

 

私の場合、首都圏の産院で出産していないので、都会の産院の料金体系についてはよく分からないのですが、地方で無痛分娩を考えている人には役に立ちそうです。

 

無痛分娩の追加費用は、一般的には5万円〜10万円程度の場合が多いようです。

病院により異なりますので必ず確認しましょう。私の場合はプラス5万円で安い!と感じました。

 

あと私が無痛分娩で出産した産院は、個室利用や休日・時間外の出産になっても追加費用がかからなかったので(ありがたい!)結局自然分娩をした時よりも安くなりました。

追加費用の規定は産院によって異なるようなので、確認してみるといいと思います。もちろん費用だけを比較して、安いから無痛分娩にする!とかではなくて、私のように無痛分娩=高いと先入観をもっている人がいたら、調べると思ったほど高くなくて、無痛分娩も視野に入れられるかもしれないですよって話です。出産はもちろん費用だけでは決められません。 

 

無痛分娩のメリットって何?

無痛分娩のメリット
  • 痛みが軽減される(全く痛みがないわけではなく、3分の1程度に軽減される)
  • 血圧や心拍数が安定し、呼吸も楽にできるため、赤ちゃんへ酸素を十分届けられ、母子共に負担が少ない
  • 痛みで体力を消耗しないので、産後の回復が早い
  • 緊急帝王切開になる場合も、カテーテルをいれておくとすぐに対応できる 

 

無痛分娩のメリットその① 陣痛の痛みが軽減される

私がものすごく共感した田辺瀬良美さん(麻酔科医)の記事がありました▼

無痛分娩を提供する立場になってから、妊婦さんの「助かったー」という表情を見ると、ああよかったな、と心から思います。考えてみれば、手術はもちろん、歯を抜くのにも麻酔をするのに、どうしてお産だけ麻酔をしないのでしょうか。

自然分娩で全然つらくない、むしろそれがいい、という人には勧めませんが、無痛分娩は痛みが怖い妊婦さんにとっては大いなる救いです。無痛分娩の事故のニュースで無痛分娩へのバッシングが強まっているのを見て、ますます無痛分娩を希望しにくくなるなあと残念に思います。

自然分娩でも帝王切開でも無痛分娩でも、一番素晴らしいお産は「母児ともに安全である出産」だと私は思います。安全な無痛分娩が普及し、妊婦さんの選択肢が増えるよう、一麻酔科医として努力していきたいと思います。

出典「BUZZFEEDNEWS無痛分娩、過度に恐れる必要はありません、麻酔科医の視点から」より

 

手術はもちろん、歯を抜くのにも麻酔をするのに、どうしてお産だけ麻酔をしないのでしょうか。

 

この一文にかなり共感しました。

なぜお産だけ麻酔しないの…?

あんなに痛いのに、

あんなに痛かったらもう出産なんてできない、

もう子どもなんて産めないって思いました。

 

1人目を自然分娩で出産した直後、「もう絶対に子どもは産まない!」と心に決めました。

無痛分娩のおかげで2人目の子どもを出産できました。

 

無痛分娩は痛みが怖い妊婦さんにとっては大いなる救いです。

上記の記事のように、安全な無痛分娩の普及に尽力してくれる医師が増えて、無痛分娩の体制が整って、費用も安くなって、安心して無痛分娩が受けられるならもっと子供産もうかな!って人が増えてくれたらいいなぁと思います。

出産の重さには個人差がありますが、出産がトラウマになるほど難産型の人は、子供を産むことを躊躇するレベルで出産が怖い人もいると思います。

 

無痛分娩のメリットその② 血圧や心拍数が安定し、呼吸も楽にできるため、赤ちゃんに酸素が十分届く

私が一人目を自然分娩で出産した時は、主治医と助産師さんに

「赤ちゃんが苦しくなるからそんなに早く呼吸したらダメ〜、もっと体をリラックスさせて〜!」

と何十回も言われました。

できない。

そうしたかったけど、陣痛の痛みがすごくて呼吸は早くなるし、背中を丸めて懸命に痛みに耐えて、体にめちゃくちゃ力が入った状態が何時間も続きました。

産後の筋肉痛もひどかったし、ダメだってわかっちゃいるけどリラックスなんてできなくて赤ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

 

無痛分娩のメリットその③ 産後の回復が早い

無痛分娩で出産したあとは、すご〜くラクでした。

1人目は自然分娩で、なかなかお産が進まず、体力をかなり消耗していた、

また初めてのお産で不安と恐怖もあり心身ともにクタクタ状態で、出産後は分娩台から自力で下りることもできない位ふらっふらでした。

 

2人目ということで、精神的にも落ち着いて出産に臨めたというのも大きかったんですが、分娩台から下りてスキップできるくらいピンピンしてました笑。

 

陣痛の痛みで体に余計な力が入って体力を消耗しやすいんですが、そういった無駄な体力を使わずに出産できたのは本当によかったと思います。

 

翌日お見舞いに来てくれた友達が階段をスタスタ登っている私を見て「元気だね〜!」と言ってました。(産後はエレベーターの使用をおすすめしますが)

 

出産翌日から授乳指導や沐浴見学やら、入院中は予想以上に忙しいのでずっと寝ているわけにもいかないんですよね。

あと下の子も病院に来て甘えたがったりと…基本的に母は休む暇なんてありません。

 

欧米では出産のための入院は約1〜2日

2018年4月に第3子となる男の子を無事に出産したイギリスのキャサリン妃。当日の早朝に病院へ向かい、午前中に出産するとわずか7時間後には赤ちゃんを連れて退院したそうです!

公式には無痛分娩をしたとは報道されていませんが、無痛分娩の可能性は高そうですよね。

午前中に出産して、その日のうちに退院ってすごいな。

でも私もそのくらい元気でした。

自然分娩とこんなに違うの〜!

って感動したんです。

なんとも微笑ましい写真です▼

無痛分娩のデメリットって何?

無痛分娩のデメリット
  • 無痛分娩をうけるための病院が限られる
  • 追加費用がかかる
      

 

無痛分娩のデメリットその① 病院が限られる

まず無痛分娩で出産したいと思っても、どこの病院でも実施しているわけではありません。

私は大分県別府市在住なのですが、別府市内にはH28年時点では無痛分娩が受けられる産院がありませんでした。

 

なので当時大分市内で無痛分娩を実施していた3件ほどの産院をネットで調べ、電話で聞いてみて受診に行きました。

自宅から車で30分ほどかかる産院だったので、陣痛が始まってから病院に行くまでの移動時間は痛くて結構辛かったですね。

 

 

無痛分娩のデメリットその② 追加費用がかかる

 

通常の出産費用に加え、追加費用がかかります。

追加費用については先程も書きましたが、5万円〜高いところだと20万円ほど追加になったりするようです。

 

 

無痛分娩のリスクって何?

  • 陣痛を強める薬(陣痛促進薬、子宮収縮薬)が必要になったり、吸引分娩や鉗子分娩の頻度が増えることがある
  • まれに麻酔による合併症や副作用がある
  • 日本では計画的に入院し分娩誘発を行うことが多い【計画分娩】それに伴う副作用や合併症もある。

  

無痛分娩のリスクその① 陣痛を強める薬(陣痛促進薬、子宮収縮薬)が必要になったり、吸引分娩や鉗子分娩の頻度が増えることがある

 

私は産婦人科で、無痛分娩の麻酔の効果で陣痛が弱くなることがあるので、陣痛促進剤を使用する割合が増えると言われました。

 

私も陣痛促進薬を使用したのですが、1人目の自然分娩の場合でも体力消耗のため微弱陣痛になり最終的に、

陣痛促進薬→吸引分娩

という経過になってしまいましたので、自然分娩だから陣痛促進薬を全く使用しないということもないようですが、陣痛促進薬による副作用やリスクは加わることになります。

 

 

無痛分娩のリスクその② まれに麻酔によるトラブルもある

無事に出産される妊婦さんがほとんどですが、麻酔による神経麻痺や呼吸のトラブルなどを起こすリスクもあります。

無痛分娩の薬の副作用については日本産科麻酔科学会のHP、無痛分娩Q&Aに詳しく載っていましたので見てみてください。無痛分娩Q&A>>

よく起こる副作用としては以下のようなことがあります▼

よく起こる副作用
 

  • 足の感覚が鈍くなる、足の力が入りにくくなる
  • 低血圧
  • 尿をしたい感じが弱い、尿がだしにくい
  • かゆみ
  • 体温があがる

 

私は硬膜外麻酔を注射したあと、左脚がしびれてきてあまり動かせない状態になりました。

右脚はしっかり感覚がありました。

よく起こる副作用にもあるように、背中に注射するので足の感覚が鈍りやすいようです。

 

無痛分娩のリスクその③ 日本では計画分娩が多く、それに伴う副作用や合併症もある。

日本で行われている無痛分娩の多くは人手を確実に確保するために、計画的に入院し分娩誘発を行うことが多いようです。

陣痛が来る前に入院して計画的に陣痛を誘発する「計画分娩」の場合、子宮の入り口を開く処置をしたり陣痛促進薬を使用します。

それに伴って、薬の合併症や副作用のリスクが増えることに繋がります。

私の場合、計画分娩ではなく、自然に陣痛がくるのを待ってから硬膜外麻酔の処置をして無痛分娩にしました。

主治医の先生は麻酔を打つかどうかは陣痛がきてから決めてもいいよとのことで、気持ち的にすごくラクでした。

陣痛が自然にくるのを待つことで、ひとつリスクが減らせるのであればそれに越したことはないですよね。

しかしながら今の日本では計画分娩が主流。

無痛分娩環境がもっと改善されることを願います。

 

まとめ:【無痛分娩体験談】かかった費用とリスク、メリット&デメリット。

いずれにせよ出産は命がけ

麻酔を使用した無痛分娩だから危険、薬を使用しない自然分娩だから安心ってことはないんですよね。

出産は常に命がけです。

日本ユニセフ協会によると、

日本は新生児の死亡する割合がもっとも低い国となっています。

そのため、無事に産まれて当たり前という感覚が私たちに無意識にあるのかも知れません。

たしかに50年前よりは医療の進歩により確実に安心して出産できる環境が整っていると思います。

しかしながら予測不可能な”出産”という行為は少なからず危険を伴います。

それをしっかりと認識した上で、自分で調べたり、心配なことは何でもお医者さんに相談して、納得して自分なりのバースプランを選べるとよいのではないでしょうか。

みなさんにとって少しでも参考になれば幸いです。

以上、わったなでした。

 

この体験談はあくまで私個人の一例を紹介したものです。もちろん病院やお医者さんにより異なることもありますので、直接確認されることをおすすめします。