【体験談】無痛分娩の吸引分娩と陣痛促進剤が不安?自然分娩で経験しました。

無痛分娩




こんにちは、自然分娩&無痛分娩体験しました、わったなです。
  • 無痛分娩だと吸引分娩になっちゃうのかなぁ…
  • 無痛分娩だと陣痛促進剤も併用するみたいで不安だなぁ…

 

そんな風に不安になりますよね。

日本では無痛分娩が全体の分娩数の5%ほどなので、あまり体験者の話も聞けないしでどうなんだろう?って。

私は自然分娩と無痛分娩を両方経験しましたが、

自然分娩の時に吸引分娩になりました。

無痛分娩は陣痛促進剤を併用する場合がほとんどかと思いますが、

自然分娩の時もお産がなかなか進まず、最終的に陣痛促進剤を使いました。

 

だから結論としては、

”自然分娩を望んでいても吸引分娩になることもあるし、陣痛促進剤を使用する可能性もある”

と思います。

 

 

無痛分娩だと吸引分娩・鉗子分娩のリスクが上がるのか?

日本産科麻酔学会のHPに下記のような記述がありました。▼

鉗子(かんし)分娩、吸引分娩への影響

鉗子や吸引を使用するかの判断の基準は分娩施設や担当産科医によっても大きく異なるため、硬膜外鎮痛が鉗子、吸引分娩を行う率へ影響を調べるのは難しいといわれています。 また、硬膜外鎮痛により鉗子や吸引分娩になりやすくなる原因もわかっていません。一つの説としてお母さんのいきむ力が少し弱くなるためという説があります

引用「日本産科麻酔学会」より

最後の一行に、

一つの説としてお母さんのいきむ力が少し弱くなるためという説があります」

と書いています。

これはよく聞く話ですね。

 

無痛分娩だと腰周辺の感覚がほとんどないのでいきみの感覚が分かりにくい。

たしかに自然分娩より無痛分娩の方が麻酔の影響で下半身の感覚が鈍くなります。

ただ、助産師さんや看護士さんがかなり上手に指導してくれるので無痛分娩のときもうまくいきめないといったことは私はありませんでした。

逆に自然分娩の時は、お産が長引いたため体力消耗によっていきむ力がない、陣痛の痛みと恐怖で集中していきめないといったことがありました。

 

陣痛促進剤はなるべく使いたくない

って思いますよね。

陣痛促進剤を使用すればたしかに薬によるリスクは多少あるわけで、誰もができれば自然な形で出産したいと思うはずです。

日本での無痛分娩はまだ体制が整っていないため、人工的に陣痛を誘発させて計画的に入院して出産する「計画分娩」が多いようです。

自然に陣痛がくるのを待ってから麻酔を注射するとなると、いつお産が始まるか分からないので、より体制を整えておかないといけないですからね。

計画分娩になると、陣痛促進剤は使用することになるでしょう。

 

自然分娩で陣痛促進剤を使用した私の体験談

これは私の母子手帳の記録なんですが、

微弱陣痛⇨分娩誘発法(陣痛促進剤)⇨吸引分娩

という流れでした。

微弱陣痛とは
母体疲労などのため陣痛力が弱い場合。分娩せずに長時間経過すると母体にも胎児にも危険である。
引用「陣痛促進剤wikipedia」より

陣痛促進剤を使用するときは、

「陣痛が強くならないと赤ちゃんが生まれないのでお薬の力を借りますね」

という内容の説明が助産師さんからありました。

(必ず薬についての説明や同意が要るようです)

 

「これ以上陣痛が強くなったらマジで死んじゃう」

と思いましたが、お願いしました。

 

でも、あまり陣痛促進剤の効果がでなくて、「お薬足しますね」ってことで足したんですが、それでもお産がすすまない…。

 

そして、最終的に吸引分娩にという流れです。

「もう赤ちゃんも呼吸が苦しくなってきているので、吸引しますね」

という説明がありました。

おそらくもう少しで赤ちゃんが出て来れそうなんだけど、出られないという状況。(頭が見えていないと吸引分娩はできません)

全くダメそうだったら帝王切開になっていたと思います。

 

もう半日以上陣痛に耐えてボロボロになっていたので、私にいちいち考える余裕はなく、

「もうどうでもいいから早く産ませてください」

って感じでした。

吸引をかけるときは一緒にいきまないといけなくて、助産師さんの掛け声に合わせて力いっぱいいきみました。

吸引する時は陣痛の波がくるときに合わせるので、陣痛の痛みが強くて吸引の痛みは感じませんが、ものすごく引っ張られる感じはありました。

担当医の先生が吸引をかけて引っ張る姿が見えるんですが、先生の顔も必死で力いるんだな〜と思いました。

よく看護士さんたちにお腹を押されるというのも聞くんですが、私はお腹は押されませんでした。

 

自然分娩で陣痛促進剤、吸引分娩、鉗子分娩を避けるには?

無痛分娩では陣痛促進剤を使用する可能性が高いですが、自然分娩でも私のようにお産がなかなか進まず陣痛促進剤を使用する場合もあると思います。

吸引分娩、鉗子分娩になる可能性もゼロではないと思います。

ここからはあくまで私の体験上感じたアドバイスですが、

なるべくこの可能性をゼロに近づけるためには、

出来る限り体力温存しましょう!

特に初めての出産は時間がかかることがほとんどです。

体力がなくなると陣痛が弱くなって微弱陣痛⇨陣痛促進剤になるかもしれません。

 

陣痛が始まったみたいだけど、まだ耐えられる痛みの時は

寝てください!

陣痛MAXの時に眠いのはほんとに辛かったです。

参考になれば幸いです。