子育てに漠然とした不安しかない本当の原因4つ。育児が不安で仕方ない私が変えたこと。

育児




こんにちは、わったなです。

  • 育児が不安で仕方ない
  • 子育てに自信がなく、不安しかない

そんな風に感じるのはきっとあなただけじゃないはず。

だって子育てなんて誰にも教わったことないし、なんにも出来ない1人の人間をこんな自分が育てていくことなんてできるんだろうか…。

私は2人子供を出産しましたが、1人目の子供を出産した直後は正直、かわいいというよりも

「うわ〜〜、どうしよう、1人の人間の人生を始めてしまったよ…」

そんな気持ちに襲われました。

今までお腹の中にいて目に見えなかった存在を、いざ目の前にすると

かわいいというよりも、ちゃんと育てられるのか不安…

これから始まる育児に、ものすごいプレッシャーを感じました。

 

でもちょっと考え方を変えただけで、この大きな育児不安から解放されました。

 

同じように子育てが不安で仕方ないような人にきっと参考になると思います。

子供の体調面で不安がある人はとりあえず病院に連れて行きましょう。離乳食あんまり食べないけど大丈夫かな?抱っこの仕方合ってるかな?そういった話でもありません。
子供の将来について漠然とした不安しかなかった自分が変えた考え方です。




子育てに漠然とした不安しかない原因 その①

自分に自信がないから

私も自分に自信はありません。

は〜、なんてバカな人間なんだろう(凹む)

ってこと日常茶飯事です。

自信がある人の方が少ないと思います。

でもですね、それって自分ができないことにフォーカスしてるだけかも知れません。

私の友達で「料理がめちゃくちゃ下手で…」って悩んでる人がいたんですけど、私からしたら

「いや、仕事めっちゃできるけんいいやん!」

って感じだったんですよ。

人間だから不得意なこと、苦手なことも絶対あります。

できないことにフォーカスするんじゃなくて、できてることに目を向けてみましょう。

育児不安の解消法その①

自分に自信がないなら、できないことよりできてる事に目を向けて、自分を褒めてあげよう。  




子育てに漠然とした不安しかない原因 その②

子供が大切でとてもかわいい存在だから

あなたが育児に不安で仕方ないのは、きっと子供がかわいくて大好きな存在だから。

大切であればあるほど、しっかりと子育てしなきゃって多大なプレッシャーを自分にかけてしまうんですね。

 

そしてよくあるのが、

「子供がかわいいから、心配で不安なんです」

って相談なんかすると、

「あなたの愛情が深いからこそ不安になるんですよ、親はみんなそうなんですよ、あなただけじゃありません」

っていう回答。

 

そっかぁ、じゃあ子育てが不安になっても仕方ないのか〜

って、それじゃ解決しなくない??

私はそういう意見とは違います。

 

不安になるのは親にとっても子供にとっても良くない。

不安な状態ってすごく苦しくないですか?

不安な状態が楽しい人っていないと思います。

そしてその状態って親だけじゃなく、子供にとってもマイナスになると思うんです。

 

子供にとって親の不安や心配は嬉しくない

自分が反対の立場で考えてみてください。

自分が子供だった場合、

「あなたのことがかわいくて、大切だから、とっても不安で心配なの」

「あなたのことがかわいくて、大切だよ。なんの心配もしてないよ」

どっちが言われて嬉しいですか?

 

私は断然後者です。

親に心配されるより、嘘でも大丈夫だよって言って欲しいです。

過剰に心配されたら、自分は親に心配かけるような存在なんだって自信なくなります。

 

親の心配は親のエゴ

私は親が子供のことで心配になったり、不安で仕方なくなったりするのは、親のエゴだと思っています。

育児が不安で仕方ない=自分が安心したい

子供がかわいいからこそ不安になるのって思うかも知れませんが、それは子供からしたら

「かわいいなら信じてくれよ」

って感じるはずなんです。

 

自分が感じる育児の不安は、自分が安心したいという自分のエゴなんだと分かった時から育児不安がなくなりました。

 

育児不安の解消法その②

子供がかわいいなら、不安にならず信じてあげよう。心配されても子供は嬉しくない。  

 




子育てに漠然とした不安しかない原因 その③

問題が起こる前から問題を想定してしまう(ネガティブ思考)

  • うちの子病気になったらどうしよう
  • うちの子いじめにあったらどうしよう
  • うちの子勉強できなかったらどうしよう
  • うちの子運動できなかったらどうしよう
  • うちの子就職できなかったらどうしよう
  • うちの子結婚できなかったらどうしよう

あ〜どうしよう、

どうしよう…

 

 

仕方なくない?

 

そんなのそうなったら仕方ない。

その時考えましょう。

ひとつ心配し始めたらキリがありません。

心配することなんて、無限にあるし、死ぬまで続くものです。

未来のことなんて心配してもホントに時間のムダです。

何か問題が起こったら、その時に考えましょう。

私は以前はかなりネガティブな人間だったので、

「こうなったらどうしよう」とかよく不毛なことを考えていたのですが、

結局不安になっても精神を消耗するだけ、問題は起こった時に解決法を考えればいい!

そういう風に思考を変えてからとてもラクになりました。

生まれつきポジティブという資質をもった人もいます。

私の友人ですごくポジティブな性格の人がいるのですが、いつもほんわかしてて、一緒にいるとこっちまで気持ちがおおらかになれるんですね。

うらやましいな〜なんて思ってたんですが、心がけ次第で案外ネガティブ思考は変えられるものです。

未来のことをいろいろと心配しても、明日地球が滅びて人類滅亡するかも知れないし。

とりあえず今日を気楽に楽しく生きる方がずっと良い!

 

育児不安解消法その③

わからない未来のことについてムダに不安になるのはやめよう。問題は起こってから解決法を考えればOK。ネガティブ思考は変えられます!  




子育てに漠然とした不安しかない原因 その④

子供に過剰な期待をしている

妊娠中は無事に産まれてきてくれるのか不安になりませんでしたか?

とにかく無事に産まれてきて欲しい、子供が産まれた時は、

「母子ともに健康でなにより」

だったはずなのに、いつの間にか

  • 将来はサッカー選手になってほしいなぁ
  • グローバルに活躍してほしいなぁ
  • 一流企業に就職してほしいなぁ

あれ?

いつの間にか自分の理想を子供に押しつけるようになってた…。

自分が叶えられなかった夢とか希望とか子供に託したくなる気持ち分かります。

でも子供には子供の人生があるし、自分と子供は別人格の人間。

過剰な期待と現実とのギャップから育児に不安をかかえてしまう。

「とりあえず生きてるだけでよし」

そう自分に言い聞かせるとラクになりました。

育児不安解消法その④

とりあえず生きてるだけで良い!無事に産まれてきてくれた時の気持ちを思い出そう。  

 

まとめ:子育てに漠然とした不安しかない本当の原因4つ。

私は27歳の時、母を癌で亡くしました。

4人子供を育てながら、バリバリ働いていた元気な母がわずか58歳で死んでしまった時、生まれて初めて

「人って死ぬんだ」

って実感しました。

「生きること以上に大切なことなんてないんだ」

って学びました。

 

不安は不安を呼びます。

そして周りもその不安に引き込まれていきます。

親の不安はきっと子供に伝わる。

不安な気持ちにかられそうになった時は、

「とりあえず生きてれば良し!」

って自分にいい聞かせて、我が子をギュッと抱きしめてあげましょう。

生きること以上に大事なことなんてこの世にないです。