悲しいのはなぜ?うつ?産後の感情が不安定な5つの理由。

妊娠,出産




こんにちは、2人の子どもを出産しました、わったなです。

 

私は一人目を出産する前に、

「陣痛はと〜っても痛いけど、生まれたばかりの我が子はそれまでの痛みなんてふっとぶくらい可愛いよ」って言うのを結構聞いていたので、生まれるのをとても楽しみにしていました。

You Tubeで出産動画を検索して、産まれた瞬間の我が子を抱きながらワンワン泣く、見ず知らずのお母さんに感動して勝手にもらい泣きしたりしてました笑。

 

そんな感動を期待していたのに、出産後スヤスヤ眠る我が子を見てとてつもない恐怖に襲われました。

  • ひとりの人間の人生を始めてしまった、どうしよう。
  • 嫌だからって逃げ出すことはできない、どうしよう。
  • かわいいなんて思えない、どうしよう。

 

どうしよう、どうしよう、どうしよう… 気がついたら泣いていました。

 

冷静に考えたら”出産”という一大仕事を終えた直後だから仕方ないと分かるのですが、当時の私はそんなことに気がつく余裕もなく、とにかく我が子をかわいいと思えない自分に絶望感を抱いていました。

もしかしたら結構そんな経験をしている方もいるのではないでしょうか?

これから出産する方に少しでも参考になればと思い、こんな感情との向き合い方について書いてみたいと思います。

[toc]

 

出産後落ち込んだ原因

分娩所要時間が長く、とにかく疲れていた

私が出産後まもなく、ひどく落ち込んで我が子をかわいいと思えなかった一番の原因は、

体力をめちゃくちゃ消耗していたという一言に尽きると思います。

出産は間違いなく命がけの行為で、出血もしますし、何時間もの間数分おきに来る陣痛の波と戦わなければなりません。

特に私はおしるしと生理痛のような痛みから始まり、前駆陣痛→本陣痛→微弱陣痛→陣痛促進剤→吸引分娩という流れ。

結局、おしるしから5日目にようやく出産するというなかなかの難産になってしまったためかなりクタクタで出産後は自分で分娩台から下りることも、歩く事もできないフラッフラ状態で車椅子で部屋まで移動しました。

 

出産後の体は交通事故に遭ったような状態

なんです。赤ちゃんが押し広げて通過した骨盤は実はひどい捻挫をしたような状態になっているそうです。

見た目では分かりませんが、出産後はとにかく安静に体をしっかりと休めることが重要なんですね。

たとえ元気でも無理をすると後々体に不調が出てくることもあるそうなので、ゆっくり休みましょう。

 

出産後は睡眠不足

私は出産の2日程前から前駆陣痛などもあり、まともに睡眠が取れていない状態。

出産したのは夕方16時頃でしたが、その日の午前1時頃から本格的な陣痛が5分間隔できていたため、約15時間も不眠不休で陣痛と格闘していました。

あまりに睡眠不足で、最後の4時間くらいは陣痛と陣痛と間の2、3分間意識失って(自然に眠りに落ちてしまう)痛みの波がやってくるとまた起きるということを繰り返していました。

そんなに眠かったのに、夜になっても全然眠れないんです。

ばっちり目が冴えて全く眠くならないんです。

あまりに衝撃的な出産という体験が私の眠気を吹き飛ばしていました。

目を瞑ると陣痛から出産までのこの数日の出来事が走馬灯のように何度も駆け巡っていくら寝ようとしても寝られなかったんです。

翌日、看護士さんに相談したら睡眠導入剤を処方して下さってしっかりと睡眠を取ることができました。ぜひ看護士さんに相談されてください。

 

 

産まれたばかりの赤ちゃんはあんまり可愛くない

そもそも産まれたばかりの赤ちゃんは物理的にあまり可愛くないです。

たまにものすごく美しい赤ちゃんもいますが、羊水の中にずっといたわけで大体顔がむくんでいたり、大きな頭で狭い産道を一生懸命通ってきてせいで、頭の形がちょっと変形していたり…ほとんどの赤ちゃんがザ・生まれたて!って感じで原始的な様相を呈していると思います。

もちろん容姿としての”可愛い”と、愛おしい存在としての”かわいい”は違います。

容姿的には伸びしろいっぱいの赤ちゃんの方が多いでしょう。どんどんムチムチしてきて、もうハムハムして食べちゃいたい位みんな可愛くなっていきますよ。

うちの子も生後3日目はこんな感じでしたが

3ヶ月後はこんな風になりましたよ

ちなみに、ピンクのロンパースに花柄のスタイしてますが、男の子です。髪はどうしたんでしょうね笑。

 

 

SNSキラキライメージの影響

よく芸能人が出産後にインスタとかブログとかに「とにかく愛おしくて感動!」とか「かわいくて仕方ない!」といった何とも幸せそうな写真とかアップしてるじゃないですか。

そんなイメージだったのでそこまで愛情を感じられない自分は大丈夫か?と思ってしまい落ち込みました。

もちろんすんごい小さくて小さくてかわいいな〜とは思うんですけど、めちゃくちゃ愛情を感じられるかと言ったらそんなことはなくて…

だから出産経験のある友達にメールでそんなに愛情が感じられないんだけど私大丈夫かなあ?って聞きました。

そしたら「子どもはどんどん可愛くなるから大丈夫だよ!」って言われて安心しました。

人は同じ時間をともに過ごせば過ごす程、共通の思い出も増え愛着も湧いていきます。

まだまだ出会って数日、初めましての状態なんです。付き合って数日の恋人より、一緒に過ごした楽しい思い出いっぱいの恋人の方が愛情は深いですよね。

そんなに心配しなくてもどんどん愛情が湧いてくるはずです。実際そうでした、子どもはホントにどんどん可愛くなっていきます♡

 

産後のホルモンバランスの乱れ

妊娠中は女性ホルモンの「エストロゲン」と「プルゲステロン」の分泌量が増えます。そして出産が終わると急激に減少に、その代わりに母乳の分泌を促す「プロラクチン」というホルモンが分泌され始めます。

10ヶ月もの妊婦期間をやっとこさ終えたと思ったら、今度は早速母乳の製造準備に入ります。母ってほんと大変です。みんなお母さん好きなのがわかります。

ホルモンの動きなんて目視できないので分かりませんが、体内では目まぐるしい変化が起こってます。「ホルモン」のせいだな〜って思いましょう。

 

 

産後の感情が不安定な理由まとめ

産まれたばかりの我が子をみて、めちゃくちゃかわい〜♡

ぜ〜んぶ痛み忘れたわ!ってならなくても大丈夫です。

とりあえずゆっくり休んでください。

出産は本当に命がけです

まずは母子ともに無事であることが最優先です。他のことはどーでもいいじゃないですか。

落ち着いたら愛情も湧いてくるし、痛みも忘れられるでしょう。

 

以上、自身の経験より、わったなでした。