産前に絶対やることはおっぱいマッサージ!痛い目にあった経験談。

妊娠,出産




こんにちは、わったなです。

産前のおっぱいマッサージはもうしてますか?

もうすぐ出産って人は産前にやるべきことリスト!みたいなものはもう調べたかも知れませんね。

私は2人出産しましたが、産前にそんなのは一度も調べませんでした。

産婦人科でもらった用紙に書いてあった入院のための準備物を揃えていただけでしたね。

でも産後、

「うわ〜用意してないやば〜」

みたいな事態にはなりませんでしたよ。

足りないものはその都度買っていけばOKです。

でもひとつだけこれ産前にやっておけばよかった〜っていうことがあります。

それはおっぱいマッサージ!

 

おっぱいマッサージ大事!産後の頻回授乳で乳首が痛くなる可能性が高い。

お母さんになる予定の人だったら”授乳”ってキーワードは外せませんよね。

今まで出産した経験ある人じゃない限り、”母乳だしたことあるよ〜”って人はいないでしょう。

勝手にでてきませんから、おそらく。

 

だからこそ気になる”授乳”についての知識。

私は1人目を出産した直後、授乳トラブルを抱えてしまい、と〜っても痛い思いをしました。

そんなトラブルに見舞われなくて良いように授乳トラブルの原因と、おっぱいマッサージの方法をご紹介します。

 

授乳トラブルってどんなもの?

私が実際に体験した授乳トラブルは1人目を出産してから3日後、左の乳首の根元が切れてしまったことです。

もともと乾燥肌で水分の少ない気質の肌が、3時間ごとの頻回授乳によりかなりダメージを受けてパックリといってしまいまして…汗。

それはそれは授乳の度に、

ううぉおおおおお〜  

いで〜〜〜〜

 

なんせパックリと裂傷して出血した乳首を、赤ちゃんの強い吸引力で吸われるわけですから、悶絶し泣きながら授乳してました。

赤ちゃんの吸引力ってマックのシェイクが吸えるくらい強いそうです。スゴくな〜い?

 

そんなにすぐ乳首が切れてしまう人はあまりいないかと思うのですが、出産経験者に聞くと

ほぼ全員「乳首痛かった〜泣」と言ってますので、痛くなる人が多いようです。

 

なぜおっぱいの乳首が痛くなるの?

赤ちゃんが産まれると母乳を精製するための「プロラクチン」「オキシトシン」というホルモンが、赤ちゃんが乳首を吸う刺激によって分泌されるようになり、母乳が出るようになります。

 

大体母乳育児が軌道に乗りだすのは2〜3ヶ月程度かかるといわれ、

それまではとにかく3時間を目安に一日に何度も授乳する必要があります。

私の経験では産後ひと月は2時間〜4時間おき、2ヶ月くらい経つと4時間〜5時間おきって感じでした。

※個人差ありますが参考までに。

出産直後は母乳は個人差がありますがほとんど出ません。赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で母乳を精製するための「オキシトシン」が脳から分泌されるので、赤ちゃんにたくさん吸ってもらう必要があります。

 

しかし、母乳はミルクに比べて消化が良かったり、始めの方はまだ母乳の分泌量が少なかったりして1時間、2時間おきに、赤ちゃんが欲しがるだけいくらでもといった感じでおっぱいを吸わせる必要があります。

 

そうすると、一日に10回も20回も吸われることなんて乳首にとっては初めての経験。

当然濡れた乳首が洋服で擦れたり、赤ちゃんの吸引力の刺激だったりで痛くなってしまうんですよね。

悪化すると私のように乳首が切れて血がでてしまいます。

イタタタタ〜泣。

 

それでも赤ちゃんに吸ってもらわなければおっぱいが出なくなってしまうので、頑張って授乳してました。

が、ほんとに授乳の時間が辛くて辛くて泣いてました。

 

まとめ
産後の母乳育児は頻回授乳が基本になるため、乳首に過大な負担がかかることによって痛くなったり、切れたりします。

 




産前の(乳頭、乳輪部)おっぱいマッサージのすすめ

って感じでとても痛い思いをいた時に、おっぱいマッサージ真面目にやっとけばよかった〜と後悔しました。

 

乳頭の伸びを良くし、授乳期の摩擦に強い乳首にしておくことで、赤ちゃんが吸いやすく、裂傷しにくい乳首への準備ができます。

病院でこんな感じでして下さいねって確か用紙をもらった気がするのですが、ふ〜んて感じで真面目にしてませんでした。反省。

 

特に私のように乾燥肌で水分量が少なめな人は特にマッサージをしておくことをおススメします。

 

乳頭マッサージって具体的にどうするの?

乳頭・乳輪部マッサージの方法

乳頭マッサージ600

1.構え

片方の手でおっぱいを保護、マッサージする手の親指・人指し指・中指で乳首をつまみます。

2.圧迫する

普通で3秒、乳首が硬ければ5〜10秒かけて少しづつ圧を加えながら圧迫します。
*圧迫する指が白くなるくらいまで充分圧迫します。痛みを覚える程に無理矢理してはいけません。

最初はゆっくり、乳頭・乳輪部を、位置、方向を変えながら1分くらい圧迫します。
乳首の硬い人、過敏な人は2、3分かけて十分行って下さい。

3.横方向に伸ばす

横方向、縦方向にこよりを作るような感じでもみずらします。最初はゆっくり痛くない程度に、ある程度したら十分もみます。
乳首が敏感で、圧迫刺激だけでも痛い人は、まず圧迫刺激になれるようにします。

4.縦方向に伸ばす縦方向にも、もみずらします。

出典「助産師が教える!乳頭、乳輪マッサージの方法」より

 

おっぱいマッサージはいつから始めるのが良いの?

始めるタイミングは妊娠28週目ごろがよいそうです。

だたし、切迫早産などで張り止めのお薬を飲んでいるような方は臨月に入ってから行ってください。

乳輪を刺激することで母乳の精製を促す「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。その「オキシトシン」は同時に子宮収縮の役割も果たすため、早産傾向のある方の乳輪マッサージはお医者さんに相談された方が良いかと思います。




まとめ:【母乳授乳のため】産前に絶対やることはおっぱいマッサージ!

おっぱいマッサージはそんなにむずかしいことではありませんので、お風呂に入ったときなど、皮膚が柔らかくなっているときにすると良いと思います。

私のように授乳タイムが恐怖タイムにならないよう、楽しい授乳ライフを迎えられると良いですね!

ぜひ試してみてください!

以上、わったなでした。